NO・MORE尿漏れ┃若くても出やすい女性の悩みにアタック

nurse

原因から見る

医者

女性の尿漏れは、原因によって、いくつかのタイプに分けることができます。一番多いのが、腹圧性尿失禁と言われる尿漏れ。尿意はないのに、くしゃみや咳、ジャンプなどの勢いをつけた動作のときに、チョロっと漏れてしまう、コマーシャルでも見られる場面ですね。このタイプは女性が出産したときに、骨盤底と言われる部分が傷つき、本来は自然に治るのですが加齢に伴ってその部分がゆるくなって尿漏れしやすくなる、というものです。骨盤底は、筋肉や繊維組織などでできていますが、出産することでそこが大きく広がり、傷つきます。傷は自然治癒してトレーニングをすることである程度、若いうちには、問題は起こらないのですが、年をとるとどうしても、筋肉は衰えていきます。

この、骨盤底にある筋肉も同じ。骨盤底の筋肉も衰えることで、本来、骨盤が支えている膀胱や女性器なども支えきれなくなってしまい、次第にコントロールもききにくくなってしまいます。腹圧性尿失禁は、こうした骨盤の緩みによって起こる、女性特有の尿漏れといえるでしょう。次に多いのは、尿意を感じてトイレに行ったが、あとちょっと、というところで間に合わなかった、というような、切迫性尿失禁といわれるもの。これは「トイレのドアを触る」とか、「水の音を聞く」などなんらかの刺激によって、膀胱が過敏になるんだそうです。あるいは、何らかの神経系の疾患が原因になって、このタイプの尿漏れが起こることもあるので、詳しく検査を受けてからタイプを知ることが重要です。